髪って大事ですよ!

愛梨です。
よろしくね。

 

昔から綺麗な髪とほめられてきた私。
いつからか、髪は私のストロングポイントとなり自然とお金をかけるようになりました。
髪にお金もかけるようになり、髪のケアも毎日行い、時間もかけてきました。

 

せんじつのことです。
久しぶりに後ろ髪を見ようと、鏡を使って後ろ髪をみると、てっぺん辺りの一部が薄くなってるではありませんか。
驚嘆しました。

 

同時にいつからこの状態だったのか、と考えました。
最近目視で見た記憶がないと確信しました。
あんだけほめられていた髪だったのに、確かに最近ほめられることがない。

 

あんだけ自信を持っていた髪が一気に恥ずかしい髪へと転落しました。
お金も時間も返してください。
そして私の髪の毛も。

 

ショックを隠しきれない私ですが、一から頑張ります。
そんな連休明けです。

 

 

 

あなたの髪の色が素敵です。愛梨新着記事

この世には膨大な数のシャンプーとリンスがありますよね。皆さんどうやって自分に合うシャンプーを選んでますか?ノンシリコン系、オイル系、無添加せっけんシャンプー系などなど。そんなものより値段が安いのを選ぶわという方もいらっしゃるでしょうし、サロンのシャンプーと決めていますという方もいるでしょうね。私はわりと肌が弱いほうらしく市販のシャンプーはほとんど痒くなったり湿疹が出てしまったりして使えないんです。けれど、せっけんシャンプーもギシギシがどうしても好きになれずに挫折してしまいました。そんな私が今つかっているのは、アミノ酸系のシャンプーです。そこそこお値段がお高いのが痛いところですが、髪もきしまずサ...
美容院に行きたいなあ…髪をきれいに切りそろえたいなあ、と秋空に思う30代半ばの主婦です。最近、主人がリストラされてしまい、家計をさらに引き締めることになりました。私はショートカットなので、今までだいたい月に一度の頻度で近所の美容院に行っていたのですが、それをしばらくは行かないで済ませようと思っています。そんな私の気持ちをよそに、主人は「頭がぼさぼさしてると思わない?美容院に行ったら?」と言います。お金を使いたくないから行かないの、とは言えないので「この秋は少し伸ばしてみようと思っているの。後ろで結わえることができるまでもう少しだから、悪いけど見た目がこうでも我慢してね」とお願いしました。日頃か...
女性ホルモンが減少する更年期に白髪に悩まされるようになると母から聞いていますが、それは昔の話になっています。今では不規則な生活、多忙な社会になり、ストレスが増えたことで若年性白髪に悩まされる女性が増えています。それは、健康番組で医師の方が話していました。最初は嘘でしょ?って思ったけど、患者数が増加していると先生が言っていたので本当のようです。私の周りで若白髪に悩んでいる人はいないので実感がわきませんが、自分がもしそうなってしまったらって思うと、女性の象徴である黒髪がなくなることは非常に嫌です。大丈夫だからと安心して乱れた生活を送っている場合ではないなと思います。白髪防ぎたいです。だけど、知識が...
3歳年上の夫は、毎月自宅で髪を染めていますが、私は一度も染めたことがありませんでした。それでも、仕事場の人などには「髪が真っ黒ね、羨ましい」などと言われていて、自分でも白髪染めいらずでラクでいいと思っていたのです。ところが、髪の表面は黒いのですが、内側にまとまって白髪があることに気が付いてしまいました。ほんの数本程度ならば、抜いてしまえば良いと思ったのですが、とても一本ずつ抜ける数ではありません。それで、とうとう初めての白髪染めをすることになったのです。夫が染める様子は簡単そうに見えましたが、それは夫の髪の毛が短かったからのようです。肩より長い私の髪を染めようと思うと、どうしても洋服に薬剤が付...
普段から眼鏡着用の私。美容室に行くときももちろん眼鏡です。眼鏡がないと、美容室の鏡に映った自分の顔もぼんやりとしか見えません。洗髪してもらうときに、眼鏡を預けます。カット台に向かうときは先導されるのでまあまあ大丈夫。カット完了、「どうですかー、後ろはこんな感じですよ〜」なんて合わせ鏡で見せてくれる時、眼鏡の存在は忘れられています。勇気を出して「眼鏡が…」と言ってみます。謝りながら眼鏡を手渡してもらいます。そしてヘアカラー。途中で絶対にトイレに行きたくなるのです。勇気を出してタイミングを見計らってトイレに行きたいことを告げ、髪にタオル巻いたりケープをとってもらったりしてトイレに案内されます。その...
美容室で受付をすませ、シャンプー台でシャンプーをしてもらい、気持ちよくなります。そして、頭にタオルを巻いた情けない(顔の大きさを気にしてる私の顔がより大きく見える)格好で、よちよち歩いてカット台に案内されるわけです。大きな鏡に映る悲しい私。その大きな鏡の前に3冊くらい美容師のアシスタントさんが見繕ってくれた雑誌が置いてある…女性向けの芸能ネタなんかが書いてある系の雑誌とかレシピが満載の雑誌とか節約を勧める雑誌とかそういう系列の。私は!こんな雑誌!読まないわ!という心の叫び。こういうゴシップ雑誌が好きなんでしょ。毎日のレシピに悩んでるんでしょ。節約に躍起になってるんでしょ。と思われてるのかしら…...

このページの先頭へ戻る